関西フィルから留守電が

関西フィルから留守電が入っていた。また連絡を入れますとのことだったが、こちらから連絡を入れた。8月は定期の演奏会はないのだがと疑問に思っていたが、連絡の内容は9月の演奏会のことだった。海外の指揮者を予定していたが来日ができないのでプログラムを変えるということで、当日の出欠の確認だった。一度Covid-19 の感染を防ぐため縮小された演奏会に出席したが、心から楽しめる雰囲気ではなかったので欠席する…

続きを読む

関西フィルから連絡

7月の定期演奏会の件で連絡があった。先月と同じで入場制限をするので出欠の確認である。Covid-19 感染予防の中で初めて聴いた先月の定期演奏会、結論から言うと楽しくないし、面白くもない。そこで欠席すると言うと「では払戻・・・」と返事が返ってきた。入場制限での演奏会なので欠席の場合は払い戻しができるようだ。払い戻しの話を進める相手の言葉を遮って「寄付にしてください」と述べて電話を切った。 …

続きを読む

関西フィル 4か月ぶりのコンサート

Covid-19 感染で自粛の為休演が続いたこと、その前月に自主的不参加で今日が4ヵ月ぶりに聴く生音。シンフォニーホールの席は1400席だが密にならないために隣の席を空席にしている。そのため収容人員は700名になり、以前のような利益は望めそうにない。ベースとなるのは協賛や寄付しかないようだ。演奏者は第一・第二ヴァイオリンが6名ずつ、ヴィオラ・チェロが4名ずつ、コントラバスが2名で弦楽器は22名。…

続きを読む

公演延期のチケット中止に

シンフォニーホールの<横坂源&萩原麻未>の公演、当初3月14日の予定だったが6月19日に延期されていた。「あ、コンサートの予定が入っている」と予定表を見ていた。本当に開催されるのかホームページで確認してみると中止になっていて、チケットは払い戻しが可能になっていた。 考えてみると当然なのかもしれない。Covid-19 感染に備え現在の公演は演奏者を減らすだけでなく、観客席の間隔も取るようにな…

続きを読む

関西フィル定期演奏会 6/27は開催

朝刊に、昨日京都フィル室内合奏団が3か月ぶりに演奏会を開いた記事が載っていた。日本オーケストラ連盟によると、Covid-19 感染で演奏会の中止が相次ぐ中、客席に観客を入れてのオーケストラ演奏会の再開は加盟団体では全国初らしい。 関西フィルも数日前、演奏形態や観客を700名に制限して6月27日定期演奏会を開催する旨の連絡が入った。シンフォニーホールの座席数が1700名なので、約4割ほどの観…

続きを読む

びわ湖ホール 7 月「竹取物語」も中止

びわ湖ホールでの7月23日~26日公演の「竹取物語」も公演中止のメールが届いた。7月11・12日の新国立劇場での招待公園も中止になる。これで手持ちのチケットは3月の公演を6月19日に延期したシンフォニーホールの<横坂源&萩原麻未>と、関西フィルの定期演奏会の年間チケットしか残っていない。オーケストラはもとより、私のホールやソロ演奏者にとっても過酷な時間を過ごすことになるようだ。

続きを読む

7/25からの「ラ・ボエーム」公演延期(兵庫立芸文)

昨日、兵庫県立芸術文化センターの7月25日からの佐渡裕プロデュースの「ラ・ボエーム」が、2022年に公演が延期される旨の封書が届いていた。海外演者入国の2週間自宅待機や、合唱団の練習開始時期など先の見通せない状況の中で苦渋の選択をされたようだ。兵庫県立芸術文化センターは5月末まで臨時休館されているので、27日の中村敬一氏の「プレ・レクチャー」も中止されている。 BBCのインターネットのラジ…

続きを読む

また、関西フィル定期演奏会払い戻しハガキ

2月の演奏会は野沢温泉のスキーを控えていて自主的に行かず、その後の3月、4月と演奏会が中止になった。そのため毎月中止になった演奏会チケットの払い戻しについての往復はがきが届いている。5月も22日に予定していた演奏会が中止になったので、その往復ハガキが届いた。この返信も今まで通り払い戻しを受けず寄付という形にした。 大阪府にある4つのプロオーケストラは演奏会の中止や延期に追い込まれ、関西圏だ…

続きを読む

関西フィル 4月定期演奏会中止

関西フィルの今シーズン最初、4月29日の定期演奏会が中止になり、またもや往復はがきで払い戻し手続きの案内が届いた。選択項目に<払い戻し辞退>があり、前回と同じように払い戻し辞退<寄付>にしてハガキを返した。 2019年-2020年シーズンのハチ北スキー場のシーズン券は一度も使わずにムダに終わってしまったが、日本の<COVIDー19>の感染拡大の対応は短期間では収拾がつきそうにない。ヒョット…

続きを読む

コンサート中止、「払戻し」以外に「寄付」も

新聞は配達を止めていたが、10日間の東北から帰ると郵便受けがはみ出すほど一杯になっていた。郵便物に3つのコンサート・ホールから公演中止とそれに伴う払い戻しの連絡があった。 その中の関西フィル定期公演も含まれて、往復ハガキで連絡が来ていた。内容は「払戻し」か「寄付」が選択できるようになっていて、「払戻し」の場合は4月以降の公演日に直接返金を受け取るようになっている。「寄付」は払い戻しを辞退す…

続きを読む

<横坂源&萩原麻未>コンサートが・・・

このチケットはPコードで直接コンビニで購入したもので、メールで連絡が来るわけではない。自分でシンフォニーホールのWEBを確認すると、14日<横坂源&萩原麻未>のコンサートは中止か延期で調整中とあった。 WEBで購入していた5月、7月のチケット発券に出かける。そのついでに11日の公演が中止になった愛知県芸術劇場の払い戻しを頼んだら、まだシステムには反映されていなかった。この払い戻しのために二…

続きを読む

12日の愛知県芸術劇場『三つ折りの夜』公演中止に!!

3月12日(木)の愛知県芸術劇場主催事業「『三つ折りの夜』勅使川原三郎×佐東利穂子×庄司紗矢香」が公演中止とメールが届いた。この公演は最近映像分野にも手を染め始めた庄司紗矢香のヴァイオリンも久しぶりに聴けると楽しみにしていたので残念である。3日間の東京公演の後に設定されていて、東京公演を調べてみると公演中止になっていた。 最近、ダンスとクラシックのコラボ公演にも興味が出てきた。オペラやバレ…

続きを読む

外村理沙 ヴァイオリン・リサイタル(シンフォニーホール)

<2月20日> コンクールに優勝する高校生が、どんな演奏をするのか興味があって出かけた。しかし、お昼のジムトレで疲れて居眠りが長くなり、開演前にホールに到着できない事態に・・・。ところが、前半のプログラムが小品6曲構成だったので、2曲目のクライスラーからはホールで聴けることに・・・。 前半の衣装は赤のタイトスカート・ドレスで、舞台上の立ち居振る舞いや表情が大人の女性を感じさせるが、体つき…

続きを読む

ベネヴィッツ・クァルテット(フェニックスホール)

<2月20日> 例年ならスキーシーズンの終盤に入り、3月末までの予定も決まっている。その終盤からコンサートの予定がボツボツ入ってくるのだが、今回は新型ウイルスの感染が大々的に報道されているので、そのコンサートよりマスクをどうするのかの方が気を遣う。 1月17日の小樽のスキー以降都心に出ていないので現在のマスク装着割合が分からいし、狭いコンサートホール内ではどうなのかと気にかかる。マスクを…

続きを読む

コンサートの先行予約 成就

コンサート先行予約の発売開始日・時間に購入することは滅多にないが、今日はそれを実行し無事チケットを予約・購入した。演目は兵庫県立芸術文化センター15周年の歌劇「ラ・ポエーム」。 購入の切っ掛けは中村敬一の「ラ・ポエーム」のプレ・レクチャーがあったからで、ついでに7月24日初日の安いチケットを購入した。5月のプレ・レクチャーは午前、午後の2回公演、「ラ・ポエーム」は8日公演だが、芸文センター…

続きを読む

「シューベルトの宴」(兵庫芸文)

<1月13日> 朝一でスキー板のワックスがけをしたあと早めに家を出て、西宮北口のいつものお店でお肉のお昼ご飯を食べる。コンサートはシューベルトの曲がメインで、ピアノが萩原麻未さんということで聴きに来た。5人の奏者で知っているのが麻未さんだけ。 最初の曲はヴァイオリンのソロ演奏で辻彩奈が舞台に登場する。その姿は今までに経験したことのないような違和感。ゆっくりと大股で歩き「いまから聴かせてあ…

続きを読む

新春の初コンサート「こうもり」(びわ湖ホール)

<1月11日> 今年最初のコンサートはびわ湖ホールのオペラ「こうもり」。オペラ初体験や初心者向けのシリーズで、開演前に演出家中村敬一氏による物語の解説もあり、大人から子どもまで楽しめ価格も手ごろ。 J.シュトラウスⅡ世の作曲だが、曲は日本語で歌われた。日本語公演を最初に観たの頃は「え!違う」と、考えていたものと違ったので途中で帰ることもあった。最近は日本作のオペラもたくさん聴くようになり…

続きを読む

「黒田卓也クインテット」(芸文中ホール)

<12月23日> 今日で3日連続でジャズ演奏を聴いたが、今日が一番フィーリングが合ったコンサートだった。スタンダード曲は演奏しないと言い切っていたが、何曲かあった。<いそしぎ(Shadow of your Smile)>ではトロンボーンのコーリー・キングが特別ゲストとして飛び入りで加わり、トランペット・サックス・トロンバーンの3管のハーモニーが・・・。ニューヨークで拠点を置いている、置いていた…

続きを読む

「渡辺香津美 Castle in the Air」(芸文小ホール)

ピッコロ劇団の「歌うシンデレラ」は1時間半ほどで終演したので15時開演のコンサート迄時間的に余裕ができ、いつものお店でステーキ定食を食べた後、久しぶりに西宮北口の周辺を散策する。 会場の14時30分前に劇場に戻ってくると、大、中、小ホールが同時間に公演されていて、入り口前のホールは人で超満員になっていた。それぞれの入場が始まりホールも落ち着いてきたので、椅子に座りFaceBookにコンサー…

続きを読む

アロージャズオーケストラ&日野皓正(兵庫芸文大ホール)

<12月28日> 歯の詰め物がハズレ、朝の予定をキャンセルして歯医者に出かける。お陰で時間に余裕ができたのだが、のんびりし過ぎてコンサート開演時間に間に合わなくなり、食事を途中でやめて急いで家を飛び出すことになる。お陰でカードケースを忘れてしまい、優待パスやシニア割が使えず500円以上の無駄な出費をしてしまった。 2部の日野皓正との共演は楽しませてもらった。大ホールの席はほぼ埋まっていて…

続きを読む

ランチタイム・コンサート<すごいジャズには理由がある>(いずみホール)

副題の<すごいジャズには理由がある>を見て、先日の西村朗の勉強会かと思ってチケットを購入したのだが違っていた。「すごいジャズには理由がある」は今日のピアノ演奏者フィリップ・ストレイジとナビゲーターの岡田暁生氏が共筆した本の題名だった。 11時30分開演でホールはおばあさん、おばさんで満席である。ジャズもライブハウスで聴く曲はそれほど長さを感じないが、今日は長く感じた。お酒を飲みながら聴くジ…

続きを読む

関西フィル「第九」特別演奏会(シンフォニーホール)

毎年「特別」と名のついた<第九>の演奏会が、12月に開催される。いつも指揮は飯守泰次郎氏だったが今回は村上寿昭氏に代わっている。加えて田辺市の<田辺第九合唱団>が合唱していたが、指揮の原盾二郎氏が勇退され合唱団は解散となるので関西フィルとしての最後の演奏会となる。 毎年聴いていると、「第4楽章だけでいいのだけれど・・・」と夢うつつで聴いていた。指揮者によって演奏が変わっているのかも、な…

続きを読む

クァルテットのエクセルシオ&アルモニコ(青山バロックバザール)

エクセルシオとは同年代のアルモニコ、青山音楽財団設立30周記念で青山音楽賞を受賞している両団体が共演する。アルモニコの演奏を聴くのは初めてである。アルモニコは大学院を卒業後、3年間ウイーン国立音楽大学に4人一緒に留学していて、その楽しそうな様子がWEBに掲載されている。 休憩後にメンデルスゾーンの弦楽八重奏曲が両団体で演奏され、これが目当ての方もいらしゃったかも・・・。私も演奏を聴くのは初…

続きを読む

トビシリ弦楽四重奏団 (フェニックスホール)

<12月2日> 梅新にある19時開演のフェイニックスホールです。ヴァイオリンのギオルギ・バブアゼさんが関西フィルのコンサートマスターをされていて、定期演奏会で時々拝見していたのがコンサートを聴く切っ掛けです。 加えてジョージア出身の方で<トリビシ>はその首都です。チェロの林裕氏以外はジョージアと関係があり、そんな音楽が聴けるかもと期待していました。期待通り後半はジョージア出身で現在も…

続きを読む

<アルディッティ弦楽四重奏団X小㞍健太>(愛知県芸術劇場)

<12月1日> 17時開演なので、終演後<手羽先>を食べられる時間があるはずと23時過ぎに大阪に着く列車を予約した。往きも帰りも近鉄列車を利用し、乗車券は株主優待券、特急予約はWEBで予約し片道3380円の交通費で収まる。問題は乗車時間が2時間強と長いことで、今回は日曜日の最終の列車だったので混んでいた。 <アルディッティ弦楽四重奏団>は2年前に聴いていて、昔のBlogを読んでみると…

続きを読む

関西フィル定期演奏会 第306回

<11月29日> シンフォニーホール前のイルミネーションが奇麗。開場が始まって15分を経過しているが、入場口に列ができている。普段は一つの入り口に係員が2人いて、2列で対応しているのに今日は一人しかいないためか・・・。 指揮とヴァイオリンがオーギュスタン・デュメイで、プログラムの副題に「変幻自在 リヒャルトに捧ぐ・・・ デュメイが弾き、そして指揮する霜月の夜」とある。いつものようによ…

続きを読む

西村朗「クラシック音楽の楽しみ方Ⅹ」(いずみホール)

<11月27日> 19時開演で料金はワンコインの500円、舞台での話では年に1回のペースのようだ。来年は11月11日でベートーヴェンがテーマだそうだが、あまりに先の話なので果たして息をしているかどうかの方が心配になる。 副題<バロック賛~ポリフォニーの至芸>でバッハの作品を読み解くということで出かけてみた。加えて、今年コンサートに出かけるのが50回という節目に届き来そうなので低料金のこの…

続きを読む

「トリオ ソ・ラ」(フニックスホール)

このトリオメンバーは住まいがニューヨーク、パリ、ベルリンと違っていて、2013年東京でベートーヴェンの協奏曲のピアノ、ヴァイオリン、チェロのソリストとして招聘され出会った。それが何か意気投合しトリオを組むようになったという。現在トリオはヴァイオリンの瀬川さんが住むフランスと日本で活動されている。 スタンダードなピアノ三重奏曲以外に歴史に埋もれかかった作品や、若手作曲家に作品を委嘱するなどオ…

続きを読む

「松田理奈&清水和音」(いずみホール)

<11月21日> 第2回目の「午後の特等席」で、聴くのは始めて。自分の中では<裸足の理奈>で、聴いてもいいヴァイオリストの一人。ホテルニューオオタニのランチプランセット6000円も準備されている。連れがいればたまにはいいのかもしれない・・・。ホールはほぼ満席で演奏曲もリサイタル並みに楽しめる。 理奈さんは前半は白系統のロングドレスだったが、後半は赤いロングドレスに替えてきた。前半から舞台…

続きを読む

「河村尚子&菊池洋子 2人のコンチェルト」(兵庫県立芸文)

菊池洋子さんはモーツァルト・シリーズ、河村尚子さんはベートーヴェン・シリーズで2018年から2019年の秋にかけてソナタ・シリーズが続いていた。自分は河村尚子さんを聴いていたが県立芸文のチケットが手に入らず、京都や名古屋など別の会場で全シリーズを一応聴いた。そんな2人が最後に下野達也指揮で、それぞれがシリーズにしてきた作曲家のコンチェルトを弾く。大ホールの演奏会なのでこれはチケットは購入できた。…

続きを読む