朗読教室メンバーと食事(ライトハウス、介護)

<4月21日> 習い事を始めると気になるのは人間関係である。朗読教室には一人だけ興味を引く方がいた。インドネシアなど東南アジアのジャグルの奥地の村を訪ねる人で、「ジャングルの奥地」というのが頭に残り、Whyと尋ねてみたくなる。 少し前、先生宅の朗読の発表会の特訓の日に、たまたま二人で帰ることになったので、話を聞いてみたいと誘ってみた。最初は断っていたが、最終的にOKの返事があった。この方…

続きを読む

カルチャースクール「朗読」

スポーツジムなどでも日常会話はするが、本当の会話をするのは月に2度ほどである。以前からこのままでは話す筋肉が劣化し、話せなくなるのではと恐怖心があった。その補助トレーニングとして「朗読」は一つの候補であった。 18時から朝日カルチャーセンターの「朗読」が見学可能だったので覗いてみた。教室は元NHKアナウンサーの笹谷清子先生の講座で、大フィル定期演奏開演前にほんの少しだけ見学した。先生は新し…

続きを読む

昇段試験 不合格

4段受験者の前に、3組9人が3段の実技試験を受けた。最初の一組目の試合を見て、何とかなりそうだと思った。自分の実技でも、2人と対戦して何とかなっていると思っていた。 4段の実技試験中に、3段の結果が発表されていた。一組目は全員不合格。私がいた二組目は一人が合格。三組目は全員合格だった。私のいた二組目のお二人は10歳若い方で、動きについていけるのか心配だったが、動きは私の方が速かった。 …

続きを読む

最近の稽古状況

以前は昇段試験が近付くと、稽古の最後に必ず型の練習をしてい。ところが最近の剣道稽古は、掛かり稽古の後は試合稽古が多くなり、型の稽古はしなくなった。 1年近く休んでいる間に、運営法が変わったようだ。仕方がないので、稽古後に上段者に頼んで型の相手をしてもらっている。先生には型を見て下さいとお願いするのだが、どうも心ここにあらずの感じがする。 私とすると3段の試験が来週に迫っているので、少…

続きを読む

剣道道場の先生

剣道修業の目的は、剣を遣って自分の心を磨き、相手の成長を助けるためのもの。剣道は子供(下位)を相手しても強くなることができる。 剣道道場の指導者が、常に心にお持ちになっておられることと思っていた。ところが人の見方は色々あるようで、修行ではなくなっている方もいらっしゃるようである。年齢や体力的なことがあるのかも知れない。 最近は自分の稽古の前に、子供たちの相手をすることが増えた。経験の…

続きを読む

2週間ぶりの剣道

3月の昇段試験が近づいているのに、2週間稽古を休んでしまった。この年齢で2週間の空白はかなり影響する。稽古で修正してきたことを忘れているからだ。 稽古は割り切って、体を動かすことだけに専念する。ハーハーゼイゼイ、結構動き回った。攻めているつもりでも、相手に圧力は伝わっていないらしい。打てば、速攻小手を打たれる。一度は裏から面が入っても、2度目は通じない。 最後の稽古は二手に分かれて試…

続きを読む

角帯

剣道着の下帯を使うことにした。角帯で下帯をすると、何か力が入りそうな気がする。高段者の方は皆さん使われている。 角帯を締めるのは初めてなので、まずは貝の口の結び方を何度か練習する。慣れてみると、帯を結ぶのは難しくない。それと、帯を締める効用として、下腹に力が入るような気がする。ウェイトトレーニングで使う、腰ベルトのようなものだ。 今日の稽古では、帯を締める効果を実感したわけではないが…

続きを読む

剣道とビデオカメラ

膝の痛み、踵の痛み、母の介護と2年近く剣道の稽古を休んでいた。稽古を再開しても、60歳前から初めて取り組んだもので、体で覚えると言うより頭で覚えてきた方が大きい。頭の中のことはほとんど忘れているので、休む前の状態に戻れず苦労している。 そんな昔に、道場で自分と大学生の打ち込み姿をカメラで撮ったビデオを見てみた。大学生と私とは別のスポーツをやっているようで、当時も苦労していたようだ。そんな当…

続きを読む

「道」の付く習いごと

性格にもよると思うが、年を取ってから始める「道」の付く習いごとが、億劫になり始めていた。色々なことを始めるので、一つ一つにかける時間が少ない。それにもかかわらず、求めることだけは人並みに強い。しかし、求めている先には近づかない。そのギャップの大きさが、これからも精進していこうとする意欲を、萎えさせているのかもしれない。 たとえ2年3年でも続けていると、最初の頃に感じていた意識を忘れ、判で押…

続きを読む

剣道稽古始め欠席

先週の金曜日が道場の稽古始め。今日は私の稽古始め、のつもりだったが止めた。 先日東京のホテルの朝、両足ふくらはぎが攣り、午前中びっこを引いて歩いた。左足がまず攣った。来るぞ来るぞと予感はしていたが、想像を超える激痛で「わー」と大声を出すほどだ。七転八倒とはこのことか。ダブルベッドの上をゴロゴロしていた。 横になっていると痛みは無くなっても、体重をかけると激痛が走る。どこかの腱が切れしまっ…

続きを読む

今年の習い事終了

稽古納め、越年稽古に出席できないので、剣道の最後の稽古が終わった。 書道は今年で終わり、剣道も来年1月13日までお休みなる。しばらく予定がないだけで、ずいぶんのんびりした気分になる。これだけのんびりできるのは、好きでやっている習い事でもないらしい。 剣道も書道も頭打ちで、打開方法を模索中だが解決策は見つからない。そんなことが続いているので、気分が乗らないのかもしれない。段位が上がるこ…

続きを読む

書道の個人レッスン終了

長い間続いてきた書道の個人レッスンが今年で終了する。先生も高齢で、先生も身の回りを整理を始めたいとのこと。 生徒の集団離脱で生徒が私一人になった時から、協会に所属せず書道の練習だけを続けてきた。今後も段位認定の目標もないことと、かなりの手本を書いてきたので一応区切りをつけるということもある。 最近は自分の癖なども理解できるようになり、それなりに修正が利くようになってきた。反面、その癖…

続きを読む

10ケ月ぶりの剣道

10ケ月ぶりの剣道の稽古に備え、基礎トレーニングは続けてきた。しかし、剣道で使う筋肉は少し違っていた。 もし型の稽古があったら恥をかいてしまうので、稽古に行く前に型の流れを参考書で復習しておく。竹刀や木刀を持たなければ何とか思い出だしそうだが、竹刀を持つと頭で考える通りに体が動かない。 稽古はピッチを上げたわけではないが、すぐに汗が吹き出し左手の握力不足に悩まされる。それでも稽古中は…

続きを読む

全日本剣道選手権内村氏優勝

全日本剣道選手権は毎年11月3日、日本武道館で開催される。長居トレで遅めの練習を終え自宅に戻ると、寺本x内村の準決勝戦が始まっていた。 ババちゃんの本格的な介護を始まったのが2月。この時から剣道の稽古を休んでいて、竹刀がぶつかる光景を見るのは久しぶりだ。それも日本ベスト4の試合が見れたのだから最高である。 準決勝1戦目の寺元x内村の試合は、前半先で攻める内村が小手で先行したが、試合時…

続きを読む

剣道再開ならず

剣道の道場にも夏休みがある。24日が休み明けの初日なので行きたかったが駄目だった。 ババちゃんが歩けなくなり、剣道を休み始めて6ケ月になる。体も何とか動きそうだし、ババちゃんの扱いにも慣れてきたので休み明けの再開を狙っていたが、頭が行こうとしないし体も道場に向かない。6ケ月はどうやら長い空白期間のようだ。3月の昇段試験を受けなかったし、このままずるずると休んでいると80歳6段の思惑は完全に…

続きを読む

剣道稽古再開

先週から4ケ月ぶりに剣道の稽古を再開した。踵の痛みはまだあり、2時間ほど歩いたり立ったりすると痛みが出てくる。 ただ、1日2日で痛みが取れる回復力がついてきたので、思い切って再開してみた。先週踵はなんとか持ちこたえていた。 稽古再開に当たっては、自転車での持久力とウェイトを軽くしてスクワットとデッドリフトで脚部のトレーニングをしてきた。そのお陰か初日から体も動き、体力もギリギリ持ちこたえ…

続きを読む

2ケ月休養と決めた

今日剣道道場でご一緒する先輩に偶然に出会った。 整体師をされていて仕事着を着ておられたのでイメージが違い少し面食らった。今まで道場以外の場所で、平服でお目にかかった方は一人なので珍しいことなのだ。 話のついでに、足底筋を痛めなかなか治らないので、稽古を休もうかと思っていると相談した。自分の中ではすでに決めていたのだが、帰ってきた答えも休んだ方が良いとのことで結論が出てしまった。 剣…

続きを読む

面打ちのビデオ録画

左ヒザの故障から、体のバランスがだんだんとおかしくなり、左の股関節まで痛くなってきた。 腰も痛めているし、その上風邪まで引いてしまったので、3週間ぶりになる稽古である。 この日は稽古参加者が多かった。 稽古の空白がある私にとっては休憩も取れ、なんとか無事に稽古をこなすことができた。 それにしても、剣道も結構きつい運動である。 稽古終了後、先日買ったビデオカメラで、面打ちをカメラ…

続きを読む

稽古始に遅刻

いつもの時間で道場に出かけた。 自転車を止めて、荷物を手に持つ。ところが、聞こえてくる気合いの声がいつもと違っている。 大人の声が響いている。普通の練習時間ではありえないことなのだ。 あれっと思って、年末年始のスケジュール表を取り出し確認した。 今日が稽古始の日だったのだ。今週初めから稽古が始まっていると勘違いをしていた。 稽古時間も残っていないし、稽古始から遅刻では恥ずか…

続きを読む

雑誌の読みなおし

月刊誌「岳人」、「マッスル・アンド・フィットネス」と昨年から読み始めた「剣道時代」の三誌を定期購読している。 斜め読みの後はあまり目を通さないものだが、「剣道時代」を読み直してみた。 今回、当初記事の内容によっては、読めなかったり読まなかったりした記事を、じっくりと読むことになってしまった。 記事の内容に、現在の剣道に対する問題提起が、通奏低音のように流れているのが分かってきた。ま…

続きを読む

剣道稽古納め

子供たちと一緒に今年最後の稽古納めをした。子供たちと一緒に剣道をするのは2年ぶりになる。 今日はたたかれ役だったから頭が少し重い。小さな子供でも打突の力は強い。脳みそが動いていたのかな。2年前は子供たちに交じって初心者の(今でも初心者)練習をしていた。先生は、初心者でも力のある大人の面打ちをよく我慢して打たしてくれたと、今でも感謝する。 初心者で子供たちに混じって練習していたいた…

続きを読む

久しぶりの剣道

久しぶりに道場に出かけた。 風の為に同じように3週間ほど休まれていた4段の方も顔を出していた。 最初に先生に稽古をつけてもらった。この先生に最近はしごかれることが多くなった。 帰り際に4段の方とお話した時に、この先生は見込みのある人に声をかけしごくらしい。 ありがたく思っている。 今年4段に合格された方に稽古をつけてもらっていたら、接近したところで打ってくるので受け返していたら…

続きを読む

道場に異変

今日は左膝に注射を打っているので、稽古を休むことと月謝を払いに道場に出かけた。 道場の駐車場に点滅が付く救急車が止まっている。習いに来ている子供が、迎えに来た家族に「先生がひっくり返った」と話している。 救急車には付き添いがいるので私が乗ると館長に伝えると、先に来られていた先輩がすでに付き添われているとのこと。 しかし、救急車が動かないので館長と様子を見に行く。バックからは中が見え…

続きを読む

剣道の忘年会

昨日の土曜日は、道場の大掃除と忘年会があった。 道場は剣道と一刀流を教えている。 子供を除く会員数は、一刀流の会員のほうが多い。この日の大掃除も忘年会も、参加者は圧倒的に一刀流の方が多い。 一刀流にはユニークな方が揃っている。そんな方と、昨日は解散の最終5人までに残って大いに飲んだ。 何を話したのか覚えていないのが問題なのだが。居合にも興味を持っていることを話した気がする。

続きを読む

小野派一刀流DVD購入

朝7時から一刀流の稽古があったが、寝過ごして行けなかった。 一刀流はすべてが型の稽古なので、型を覚えていないと細かな点までは行き着けない。 稽古に出かけるのが月に2回程度ではとても覚えきれない。そこで少しでも参考になればと思いDVDを購入することにした。なぜかしらAmazonのポイントが2300点ほどあった。 このDVD17代宗家が制作したのだが、16代宗家笹森順造のVHSのほうが…

続きを読む

最近難しい書道

王羲之の十七帖と集字聖教序の練習を始めたが、初見で書いても字が形にならず苦労している。 字が形にならないので、練習用の紙だが大量に使うようになった。その上私の癖で、右上がりの字が意識をしないと書けないので、ついつい右上がりの少ない平行の字を書いてしまう。 筆の動きも今まで使ったことの無い動きが出てくるので余計に大変である。 十七帖と集字聖教序を各2枚の手本で計4枚、プラス小筆が1枚…

続きを読む

相手を攻める

剣道は相手を攻めなければならない。 その攻めは相手に脅威を感じさせなければならない。2段の私にはなかなか理解するのが難しいのだが、今日は少しだけ分かるような気がした。 攻めているつもりでも面をスコンと打たれるのだが、打たれながらでもその理由が分かるような気がした。修行を続けていると頭打ちになる時期があるのだが、あるヒントでそこを抜け出せることがある。今は頭の中で分かっていても体が付い…

続きを読む

2ケ月ぶりの剣道

左膝のお皿が動く違和感があり、完全復調とはいえない。 2ケ月ぶりに剣道の練習に出かけた。こんなに期間が空くと、家を出る一歩の踏み出しに勇気がいるものだ。 稽古は私もそうだが、先生方も稽古時間を短縮してくれるので、それほど苦痛なく稽古が出来た。とは言っても打ち込まれることが多かった。 剣道をやる人には、針灸を仕事にされる方が多く、千年灸で膝のつぼを灸する方法を教えていただいた。暖める…

続きを読む

篠笛(3)

今日が篠笛教室最終日。 7回のうち6回に出席したが、まだ吹けない。高音部の吹き方がまだ会得できていない。自分にあった吹き方を、自分で会得しないと駄目なようです。教室を止めても、毎日笛は手にして、教室で習った練習を続けるつもりだ。何とかなりそうな気はし始めている。 博多の祇園山笠を、チョット見たくなって、飛行機と宿を予約した。祭りって、見ていても感動することが多い。今回は本番は見れない…

続きを読む

篠笛(2)

一時間ほどの練習が今日で4回目。 高音部の音に挑戦を始めて今日で二回目。皆に合わせて、とりあえず息だけは吹き出すのだが音が出ない。高音部を出そうとすれば、低音部まで音が出なくなる。 でも、音が出そうな気になる。気持ちを乗せて吹いていると、音が出そうな気がする。息遣いも少しだけ分かってきた。剣道にも使えそうな気がする。

続きを読む