成相山 成相寺 西国第28番札所

<5月7日>
朝の4時に目が覚めた。この時間なら間に合うので天橋立に向かうことにした。駐輪場料金を浮かすために長居公園を抜けてJR鶴ヶ丘駅を目指す。今日は寒い! 日中15度あれば暖かいだろうと思っていたが、”間違いだったかも”と思い始める。
画像

成相寺、松尾寺の2寺を1日で回ろうとすると、KTR福知山駅8時53分発の特急に乗らないと難しい。この電車は天橋立駅に9時28分着で、すぐにフェリー乗り場に向かう。チョットその前に乗ってきた特急のことを。福知山から天橋立までの運賃が750円なのに、驚くなかれ、この自由席特急券がなんと! 630円である。まーイッカ。
画像

成相寺のバスに乗るとすると少しは安くなるので、観光船乗り場で1900円のフリー切符を購入する。10時の出航まで時間があるので智恩寺・文殊堂に参る。その効果を実感したことはないが、何度お参りしたことか。回旋橋も丁度開いて、船がやってきた。

観光船で一の宮に渡りケーブルカー乗り場の府中駅に急ぐが、10時15分発は丁度出発したところだった。ところがその隣にあるリフトは連続で動いている。時間は2分程余計にかかるがこれに乗る。風が冷たいので寒さが気になったが、風もなく日も出ていたので寒くはなかった。
画像

成相寺のバスが10時40分発で、時間待ちの間に”股のぞき”、お土産屋で300円の”せんべい”を買う。この”せんべい”が適度に空腹を鎮めてくれて正解だった。
画像

成相寺の登山バスは、24番の一乗寺と同じように運賃とは別に入山料を徴収される。歩いて上れば入山料はいらないので、道路維持費の意味合いがあるのかもしれない。バスは山門を通り過ぎて本堂の階段下まで運んでくれる。
画像

階段を上って行くと「一願一言地蔵」の旗と本堂が見えてくる。
画像

成相寺の由来も面白く、本堂も趣がある。普通山門から本堂に向かうものだが、その道はハイキングルートのようで、バス停留所の位置のためか歩く人は少ないようだ。わざわざ下って山門を写真に収めたが、バスの停留所があり帰りはここから乗車した。境内には30分しかいなかったのだが、天橋立駅12時11分発の列車に乗るためには、11時10分発のバスで下山しないと間に合わない。往きはリフトだったので帰りは暖かい11時30分発のケーブルカーで下り、11時45分の観光船で天橋立に戻った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック