パラシュート・飲み会・ヘリ墜落

QFOイベント材料を購入して、パラシュートの実験をしたが失敗。高校同級生の飲み会は不完全燃焼。帰宅後のテレビは救助ヘリ墜落の原因究明ばかり。

QFOイベントのパラシューと実験は失敗。パラシュートが開いた状態では円盤はそれなりに降りてくるのだが、空中に投げると上手く投げれないし、十分にパラシュート開かない。高く投げ上げるために、メインパラシュートを収納し空気抵抗を少なくして、パイロットシュート(子傘)を利用することを考えてみる。子供のイベントなのだが、色々と考える機会を与えてくれる。こんな発想をする仲間がQFOにいて、最近は難しいことは考えず気兼ねなく参加することにしている。

同級生の飲み会、自営業で会社を興した人が多く、自分が経験していない話が聞けるのは楽しい。40年近く付き合いがなかった自分にとっては、同級生といえども新しいお付き合いの始まりと考えている。その意味では、40年以上何がしかの付き合いを続けてきた者にとっては異質な人間かもしれない。
今日の話に小学生の林間学校の話が出てきた。臨海学校は思い出せそうだが、林間学校が上手く思い出せない。

帰宅後の埼玉県秩父市の防災ヘリの墜落事故、今読んでいるサンデルの ”これからの「正義」の話をしよう” の題材になりそうな話である。
遭難者55歳の女性1名の命と、墜落者54歳・32歳・42歳・32歳・33歳の5名の命、どのように考えるのか? その意味では、東京都勤労者山岳連盟の遭難事故報告を早急に発表することを期待するし、報道関係においてもヘリ墜落の原因の報道だけでなく、登山者の情報も同等に情報を流して欲しい。

自分としては滝壺から遭難者を引き上げ、その後の遭難救助要請であって欲しいと思う。今年のチリ津波にサーフィンに繰り出した人達、サメが出没した海水浴場に家族で海にいる人達とは違っていて欲しい、と願う。山が好きだから。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック