たものびぼうろく

アクセスカウンタ

zoom RSS オペラ 「ルチア」 東京2日目

<<   作成日時 : 2017/03/21 10:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<3月20日>
ルチアを演じるオルガ・ペレチャッコは、1月〜2月にメトロポリタン、ウィーンに出演後、その勢いのまま新国立劇場初出演している。「世界注目の歌姫が最高の次期に登場するこの≪ルチア≫は、文句なしに必見・必聴だ」の記事を見て急遽東京に出かけた。
画像

期待の中心は、「恋人の裏切りに絶望して狂気に陥ったヒロインが歌う『狂気の場』」と、楽しみにいていた場面は第3幕だった。城で裕福な豪族アルトゥーロを花婿を迎える宴に、返り血を浴びたルチアが登場する。チラシには「新制作」とあるが、手に持つ異様なものに目が釘付けになってしまう。このルチアの歌の助奏はオリジナルの「グラスハーモニカ」で奏でられ、そのハーモニーがさらに幻想的な雰囲気を醸し出す。私の席は2階左端に近いA席だったが、歌うルチアとグラスハーモニカがオペラグラスを上下にずらすだけで見て取れ、さらに興奮度をアップさせてくれる。この場面は通常フルートで演奏されるそうで、これも今回の聴き所だと思う。ルチア、エドガルド、エンリーコの3人を支える日本人キャストもよく、舞台・美術・衣装も堪能できるオペラだった。東京はホールも多く、何もかもが充実していることを痛感する。

14時開演でいつもは新宿駅前で昼食を済ませていたが、劇場近くで食後に珈琲も飲めるゆっくり出来るお店を見つけた。次回から昼食はこの店にする。

<ルチア(新制作)>
◇原作: ウォルター・スコット
◇台本: サルヴァトーレ・カンマラーノ
◇作曲: ガエターノ・ドニゼッティ
◇指揮: ジャンパオロ・ビザンティ
◇演出: ジャン=ルイ・グリンダ
◇美術: リュディ・サブーンギ
◇衣装: ヨルゲ・ヤーラ

◆ルチア: オルガ・ペレチャッコ=マリオッティ
◆エドガルド: イスマエル・ジョルディ
◆エンリーコ: アルツゥール・ルチンスキー
◆ライモンド: 妻屋秀和
◆アルツゥーロ: 小原敬楼
◆アリーサ: 小林由佳
◆ノルマノン: 菅野淳
◇合唱: 新国立劇場合唱団
◇管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団
◇グラスハーモニカ: サシャ・レッケルト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペラ 「ルチア」 東京2日目 たものびぼうろく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる