たものびぼうろく

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期貯金の預け替え

<<   作成日時 : 2009/01/08 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ババちゃんの通院、以外と早く診療が終わっていた。

いつも、車椅子でババちゃんを医院に送り込むと、診察の待ち時間で買い物をしている。今日は昼食用の焼ソバの麺と、西宮10日戎の開門神事に出かける予定をしているので、パンの朝食材料ハムを購入した。当日は5時前に家を出るので、朝食の用意をして出かけるつもりである。ちなみに通常はおみそ汁と野菜サラダ・卵と御飯、お正月の間は雑煮。

いつもは買い物を終わって戻って来ても待合室にいるのに、今日は姿が見えなかった。診察室に入っているのかなと思い外で待っていると、医療点数を計算している女性がわざわざ表まで出てきた。そして、ババちゃんの診療が終わっていること伝えてくれた。この女性、結構きつい感じがするのだが、気配りができる女性なのだと分かる。彼女の席は外に面した席に座っていて、玄関に立つ私を見つけてくれたようだ。
ウンー待てよ、ババちゃんが一言いっているかもしれない。明日確認してみよう。

以外と早く昼食が終わったので、銀行2行の定期解約と預け入れをする。2行とも満期になって日が過ぎていなかったので途中解約し預け直す。
近畿大阪はWeb経由の1年定期の利率が、通常0.25%に0.4%オンして0.65%になる。
三菱東京UFJは、株主優待で0.2%オンして0.45%になる。一行に集める方法もあるが、いろいろ問題もあるので分散している。
三菱東京UFJは300万以上の解約は、窓口でないとできないので旧UFJの窓口に出かけた。この支店は昨年の11月にシステムが統合された旧UFJ系の支店で、立地も郊外に属する。そのためか、三菱東京系の生体認証に慣れていなかった。私が定期で、三菱東京系の生体認証を使う最初の客だったようだ。操作のマニュアルを読んだり、人に聞いたりと長い間待たされる。電話で確認してようやく操作ができたようで、私の前で操作できましたと電話していた。「本店にかけてるの」と聞いてみると他店の知り合いだそうだ。これを機会に早速勉強会を開きます、と言う可愛い子でした。ちなみに、彼女は年末に応対した女性で、私のことを覚えていた。

備忘録:
昨日フジ系の「ザ・ベストハウス123」の芸術部門で、テオ・ヤンセンの作品が紹介されていた。
私が考えている「おもちゃ」を巨大化したら、こんな形になるのではと興味を引いた。東京日比谷パティオで「テオ・ヤンセン展」があるので見に行きたいと思っている。開催期間は、1月7日〜4月12日。

銀行で待っている間に読んだ「AERA」の「姜尚中 Love is 愛の作法」第72回の記事。
先日亡くなられた加藤周一氏を最後の知識人と表現している。
その知識人を、パレスチナの思想家 エドワード・サイード「知識人とは何か」から引用してる。
「現代の知識人は、アマチュアたるべきである。アマチュアというのは、社会の中で思考し憂慮する人間のことである」
サイードの著書:「オリエンタリズム」1978年、「パレスチナ問題」1979年、等

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
定期貯金の預け替え たものびぼうろく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる