水鉄砲の工作

久宝寺公園での子供イベント、一般向けの工作は水遊びが出来る水鉄砲作り。材料は女竹で、後ろにも水が飛び出す、昔懐かしい水鉄砲です。 材料集めは、岩橋山途中にあるシノダケをピストンにしたシリンダの竹探しから始まる。ピストンの径は10mmから12mmの太さなので、シリンダは内径16mmから18mm程度、外径に直すと26mmから28mm程度の竹探しから始まる。そのシリンダの竹、運よく友人の庭でピッ…

続きを読む

明日は人間ドック

雲がかかり少しは日差しが弱められ、途中にわか雨が降るなどして、比較的暑さの和らいだ久宝寺公園で子供向けの七夕つくりをお手伝いした。今日は二組の印象が特に強かったです。 一組は7月から始まったプール帰りに寄ってくれた、お父さんと真っ黒に焼けた小学校1年生の娘さん親子。自転車にはテントも積まれていて、朝の10時からお出かけでした。昼食はと聞くと、お父さんの手作りのお弁当を持参して、プールに出か…

続きを読む

子供イベントと電動糸のこ盤

子供イベントでコマの遊びを考えていました。回すということを考えると、重心さえ見つけられればどんな形でも「回せる」と言うところからスタートして、重心を見つける方法を考えていました。 別に難しいことではなく、天秤と同じように釣り合いが取れる位置を探せばいいことなのです。最初は画鋲の上で探そうとしたのですが、これがなかなか難しい。子供にとっても難しいはずである そこで重心のポイントを探す点…

続きを読む

久宝寺公園QFO活動

月に一度の子供向けイベント、今月はお雛様作りを手伝った。この4月から新しいシステムがスタートするので、会員募集チラシの原案も持参した。今回は前年のチラシを参考にして作成したもので、ベースがあると大幅な時間短縮ができるものだ。 今回のお雛さまは折り紙で作るのだが、最後までスムーズに作れなかった。自身にとっても出来ないことが不思議なのだが、困ったものである。 子供たちの作業でごみも出てくるの…

続きを読む

久宝寺公園QFO活動

今年最初の久宝寺公園こどもイベントQFO活動があった。連凧として使える凧を作り、凧揚げを楽しみました。午前中は風も弱かったのですが、午後からは風も強くなり自作の凧上げを楽しんでいました。 凧作りも楽しいが実は凧に描かれているデザインに価値がある。何色かの油性のペイントを水面に浮かべ、出来上がったデザインを和紙に写し取ったもので、製作には手間がかかる。 昔は凧のデザイン作り、翌月に凧作…

続きを読む

久宝寺公園子供QFOイベント参加

毎月恒例の子供イベントに参加してきた。風もなく暖かい昼下がりを、子供たちやお母さんとリース作りを楽しんできた。中央広場・花の道に設置したテントに、今日もたくさんの方が参加して下さった。 ここ3ケ月お客さんの勧誘をしなくても、テントに集まってくれる方が増えてきた。それも遠方の方ではなく、近所の方が多くなったことがうれしい。ただ集まってくれる子供たちの年齢層が低いので、対応する側は大変なのだが…

続きを読む

久宝寺公園子供イベント

月一度の子供イベントに出かけた。曇り空だが風もなく暖かい気候で、子供達と楽しい2時間を過ごしてきた。松かさや木の実で動物などを作るのだが、立体物を作るより平面的な図案のほうが人気があった。 最初に参加してくれたのは小学4年生の女の子3人。自転車で大通りを走ってきたのを、両手を広げて無理に止め参加してもらった。この3人、13時から始まって15時の最後まで夢中で作っていた。本人たちは30分程と…

続きを読む

久宝寺緑地公園 QFO子供イベント

12から13cmの丸太を顔のベースにして、フクロウの面を作る子供イベント。9月に入っても暑い暑い日が続き、13時に始まったイベントもテントには人が集まらない。と言うより、暑すぎて子度を連れた親子が公園に来ていない、という表現のほうがあっている。 昨日顔のベースになる木を暑くなる前にと、午前中に手動で切っていた。手持ちのノコギリの切れが悪くなったので、少し高めのノコギリを購入してまでもノルマを果…

続きを読む

真夏のQFOイベント活動

昨日の久宝寺緑地公園の子供イベント、暑かったです。大阪気象台の最高気温34.8度。公園の中央広場、いつもは沢山の人が行き交うのに今日は誰も通らない。野球の試合を待つ選手も、いつもやる身体慣らしの運動もしないで、日陰で待機している。 行き交うのは駐車場からプールに向かう久宝寺橋の上だけ。最後にはプール帰りの親子に声をかけて、無理やりに近い状態でイベントに参加してもらう状態だった。それにしても…

続きを読む

いずみホールコンサート予約

この暑さ、クーラーを入れないと腕まで汗が噴出しハガキが書けないのだ。図書館に出向いてと思ったが朝からクーラーを入れ、午前中に暑中見舞い第2弾を書き上げ投函した。 昼からはQFOイベントの製作、パラシュートは諦めても紙飛行機打上げ用の円盤だけは作る必要がある。木工接着剤を水で溶かし、その接着剤を新聞紙小片に染みこませ、紙ボウルに貼り付けてゆく。厚く新聞紙を張り詰めると、強度と重さが加わり上空…

続きを読む

パラシュート布地購入と実験

昨日はキュプラを購入してきたが、打上げ用の円盤より布が重くて却下。パイロットシュウートなんて難しいことも止めて、打上円盤の中に畳みいれることにした。しかし、ポリ袋の落下傘試作は、円盤を投げ上げてもパラシュートが開く前に円盤が落下する。公園の中なら高く投げ上げれるが、あまり期待できないのが現状。 今日もアベノに出かけた。アベノ再開発は順調に進んでいます。左側は近鉄の超高層ビル工事でまだ基礎工…

続きを読む

パラシュート・飲み会・ヘリ墜落

QFOイベント材料を購入して、パラシュートの実験をしたが失敗。高校同級生の飲み会は不完全燃焼。帰宅後のテレビは救助ヘリ墜落の原因究明ばかり。 QFOイベントのパラシューと実験は失敗。パラシュートが開いた状態では円盤はそれなりに降りてくるのだが、空中に投げると上手く投げれないし、十分にパラシュート開かない。高く投げ上げるために、メインパラシュートを収納し空気抵抗を少なくして、パイロットシュー…

続きを読む

8月QFO、打上円盤の製作

暑くて頭の中にはイメージできているが、製作していない円盤がある。8月の久宝寺緑地公園QFOイベントで使う、紙飛行機の打上げ用円盤である。 2年前のQFOで子供達との遊びがどんどんエスカレートした遊びだ。最終的は発砲スチロールのケースに、子供達が作った飛行機を詰め込み、空中高く投げ出し滞空時間を競った。 この遊び、飛行機の滞空時間だけでなく、発泡スチロールのケースを投げ上げるのも楽しかった…

続きを読む

久宝寺緑地公園 QFOイベント

今日は7月度久宝寺緑地公園での子供向けイベントの活動日。雨も上がり蒸し暑い中でお手伝いをしてきました。指定業者制度で4月から管理している(株)美交工業さんの協力、大阪府の公園ボランティアにQFOのWEBがリンクされそうで、公園のバックアップが一段とアップしてきた。 七夕の日を迎えて、今回は笹につける飾りつけをお手伝いしました。このシーズン準備されているご家庭も多いのですが、今日も準備した笹…

続きを読む

久宝寺緑地公園 子供イベントQFO

先月は鼠径ヘルニヤ術後で欠席していて、やんちゃQFOの子供イベントは2ケ月ぶりのお手伝いで、今月のテーマは「笛を作ろう」。担当の方が竹で作る笛や、ストローを使って色々なアイテムを準備されていた。私が試作していた二つの作品の内、カズーも採用された。 まず対応者は作品作りから始まる。試作品を子供達が選んで作り上げるため、対応者は一応どの作品でも作れる必要があるのだが、これがなかなか難しい。小学…

続きを読む

QFOイベント用 笛試作

今週6日日曜日に久宝寺緑地公園である、子供向けイベント用の笛を試作してみた。材料は5月17日(http://25225114.at.webry.info/201005/article_13.html)に収集していた笹2本だが、どうやら材料は追加なしでいけそうだ。 問題はノコギリとナイフを使うことと数量が1本づつしかないこと。それを怪我のないように監視しながら、子供の面倒をみるとなると一度に…

続きを読む

久宝寺緑地公園 やんちゃQFO

今日は月に一度ある、久宝寺緑地公園の子供向けイベントの日。スタッフの女性2人がお休みなので顔を出してみた。イベント会場がいつもの室内から太陽の下メイン通りに出たので、参加者対応にはスタッフ5人はギリギリの人数だった。 風は冷たいが太陽が出ていて、バーベキュー広場は超満員。親子連れも多く沢山の子供たちがイベントに参加してくれた。 今日は日差しが強くなる夏に向けてのサンバイザーや風車などを牛…

続きを読む

久しぶりの久宝寺やんちゃQFO

1年数ヶ月ぶりに久宝寺公園で続けている子供向けイベントに参加してきた。10時の集合時間にはまだ雨は降っていなかったが、昼前からは雨が降り出した。太陽も出ないので久しぶりに”寒い”と感じる。 食事を終えて、いつもイベントに参加する子供たちを勧誘している二人と連れ立って、雨の降る屋外に出てみた。雨が降るためか、いつも賑う通りに人は歩いていない。ただ駐車場には車がたくさん止まっている。少年野球の…

続きを読む

おもちゃ作り、虫や草花が好きなちびっこ募集中

大阪府八尾市にある久宝寺緑地公園の、月に一度子供向けのボランティアのイベント開催も3年目を迎えました。 日曜日の午後、おもちゃを作ったり、草花で飾り物を作ったり、公園の自然探索で虫などを見つけたりの活動で、NPOシニア自然大学傘下で活動する「やんちゃクラブQFO(きゅうほう)」のメンバーがお世話役です。 新年度の来月4月からの新しい仲間を募集中です。ご興味のある方はご連絡いただくか、…

続きを読む

ホームページの動画

久宝寺緑地公園で、子供向けイベントの活動をしているが、その記録に動画を入れようとしている。 Webアップのために無料のソフトを集め始めた。AVIファイルの編集ソフト。AVIからFLVファイルへのコンバーターソフト。ホームページに載せる動画ソフト。組み合わせは難しくなさそうだが、やっているうちに問題が出てきそう。 今はババちゃんの付き添いで忙しく、完成は少し先になりそうだ。 天気がよ…

続きを読む

竹牛形

今週の日曜日は、久宝寺緑地公園の子供向けイベントのボランティアの日である。 ババちゃんの体調が悪くなる前は、この活動に参加させてもらっていた。来月2月は当初は「竹で作るおもちゃ」を担当もしていた。その手前作りものを、と考えていたのだが時間的に無理でした。もしあれば次の機会にと思う。 これからデイサービスにババちゃんを送ってきます。

続きを読む

久しぶり やんちゃクラブQFO

久宝寺やんちゃクラブQFO(http://clubqfo.web.fc2.com/)に顔を出し少しお酒を飲んだ。 ババちゃんの調子が悪くなって休会していた、久宝寺緑地公園の子供向けボランティア活動のお手伝い、今日半年ぶりに顔を出した。ババちゃんの昼の食事が終わってからなので、家を出たのは14時。久宝寺緑地公園に着いたのは14時30分。活動は13時から15時までなので、終了に近い時間なのだが…

続きを読む

「子供と遊ぶ!久宝寺緑地公園やんちゃクラブQFO」スライドショー

昨日の写真整理の続き。 厳密には2つだが、管理しているホームページが3つある。一つは、NPOで知り合った仲間で続けている「のんびり歩く低山ハイキングみちくさ」の連絡WEB。一つは、久宝寺緑地公園でボランティア活動している「子供と遊ぶ!久宝寺緑地公園やんちゃクラブQFO」の活動計画・報告のWEB。もう一つは、おもちゃ創りで銭が稼げたらと練習用に作っている「101」。 その「101」は未…

続きを読む

QFO子供イベント

けん玉の準備だけはしていたが、担当者のアイテムが豊富だったので紹介だけで終え、担当者のアイテムで子供たちとけん玉作りをする。 子供たちの発想について行くのは大変である。 突然色々なものに挑戦を始める。 最初はなぜとは思うのだが、子供が作りたいものがうまく作れるように、助言や手伝いながら作りたいものを完成さす。 作ったものはけん玉とは別物だと思っていた物が、実はけん玉作りの流れにあるも…

続きを読む

イベント用 けん玉作り

3日前からけん玉の玉を新聞紙で作り始めた。 小片の新聞紙を、発砲スチロールの球に水性ボンドを溶かした液で貼り付け、乾いて硬くなったところで、玉を二つにカットし、中の発砲スチロールを取りだす。 カットした玉の芯に新聞紙を丸めて入れ、再度新聞紙の小片を張り付けて8個の玉を作った。 けん玉はスポーツとして、日本けん玉協会が技の段位認定や競技大会なども開催され普及に努めている。 また、け…

続きを読む

3月のやんちゃQFO

久宝寺緑地公園で月1回お手伝いをしている、子供イベントに出かけた。 先月、雨の中を出掛けてくれた兄弟の弟と、いつものメンバーの二家族4人が参加してくれた。今日は、昔懐かしいでんでん太鼓とツバメの尻尾が風車になるおもちゃを作る。 私は久しぶりに、小学2年の女の子につききりで、おもちゃ作りをお世話した。 さすがに、2時間一緒にいると女の子の性格が分かる。 小さな子供が私たちのお客…

続きを読む

子供向けイベント「竹で作るおもちゃ」

昨日曜日、企画当番として子供向けのイベントを行った。 しかし残念なことだが、昨日からの雨のためか、いつも参加してくれるメンバーは誰も参加はなかった。子供を自転車に乗せてくるお母さんにとっては、雨は天敵になる。仕方ないか。 でも、メンバーの小学校の教え子さんの子供さんが、飛び入りで参加してくれた。小学校高学年の2名で、今回のイベント内容には年齢的に合っている。 まず準備していた竹…

続きを読む

子供イベント用部材調達

2月の第1週にある、子供向けイベント用の竹細工に使う工具製作や準備用の部材を購入した。 1つの目の「だるまさん」は一応目処が付いていて、今回は彩色ができるように電動サンダ用のサンドペーパを準備した。 2つ目の「ギロ」。前から目をつけていた、梅田の楽器店でインドネシア製のギロを購入。 自分が設計しているものと大差ないので、何とかものになりそう。 竹のギザギザはトリマーの90度角…

続きを読む

だるまさん試作

毎月1回、久宝寺緑地公園で子供のイベントを手伝いしている。 2月の「竹でおもちゃを作る」を担当しているので、試作を始めている。 今日は、だるまさんの部材を作りバランスの良い寸法を出してみた。 体部分に径が10cm程の孟宗竹を使い、顔の部分に径が5ccm程の破竹を乗せて、手をつけて仕上げる。 体部分の裏側には重り(古い乾電池等)を取り付け、倒れても起き上がる竹のだるまさんになる。 …

続きを読む

久宝寺の子供イベント

いつも参加してくれる家族が、一組も顔を見せてくれなかった。 今日は、水の上に油性のペイントで模様を描き、その模様を画用紙で写し取る芸術性のあるイベント。担当者は子供の笑顔を見るために夜遅くまで準備していたのに、それが報われないのは少し残念な気がする。 しかし、遅れはしたが仲間内の親子が顔を出してくれたので、とりあえず子供と一緒に制作が出来た。こんな日もあるでしょう。 同じような…

続きを読む