「闇を飛ぶコウモリのすごさ?」 (朝日新聞4/2朝刊) 

同志社大 飛龍志津子准教授のコウモリの研究で、小さな脳で効率的にエコー処理をするために、エコーが一番聞き取りやすい周波数になるように、発する超音波の周波数をを変えていると考えられるらしい。 コウモリは鼻や口から超音波を出し、はね返ってきたエコーを聞いて.えさの位置や周囲の情報を得ている。国内にいるアブラコウモリは重さが7グラムほどですが、1秒足らずの間に数ミリの羽虫を次々捕らえている。 …

続きを読む

大山崎山荘美術館ー宝積寺 散歩

<12月4日> NPOの知り合いと山荘美術館に出かけた。朝から雨は降り続いていて、チョットだけ憂鬱な気分である。しかし、わざわざ雨が降っている時に出かけるなんて、グループで計画している時ぐらいしかない貴重な時間でもある。 庭園の木々は紅葉の盛りを過ぎてはいたが、雨に濡れる葉や落ち葉、幹が普段見る光景とは違って新鮮で美しかった。モネの”Weter Lilies”が展示さ…

続きを読む

熊野古道2日目(滝尻王子ー牛馬童子バス停)

<9月12日> 中辺路町にある”きけう旅館”で作ってもらったお弁当を持って、車で滝尻王子まで送ってもらう。今日から三日間をかけて、メインコースになる山中の古道を熊野本宮大社まで歩く。2日目の今日は大坂本王子までで、11月に最後の古道歩きを計画している。 滝尻から始まる山道の登り、ゆっくり歩いてと言ってもペースが速い。しかし”胎内くぐり”から抜け出せず、四苦八苦していた。ザックを下ろし…

続きを読む

京都伏見区 藤森神社辺り散策

月1回の例会で紫陽花の咲く藤森神社辺りを歩く。昔は下見などしていたが、今は観光案内やWebの情報などを利用してぶっつけ本番だ。ただ道に迷わないため地図とコースをマップカットしたGarminのGPSは持参する。 天候は午後から雷を伴って所々雨の予報で、空には青い空が見えない曇り空。出発地点の京阪藤森駅前にはびわ湖疎水の水がゴーゴーと音はしないがすごい速さで、今日の予定に入っている墨染関西電力…

続きを読む

淀城跡から背割り堤、橋本へ

<4月10日> 月一のみちくさの例会で京阪淀駅から橋本駅まで歩いた。途中背割りの桜吹雪のしたで昼食を摂る。アルコールは持っていなかったのだが、持ち込み者があり差し入れのくぎ煮を肴に、プチ酒盛りを楽しんだ。 淀駅を10時出発。淀駅周辺は淀の競馬場に通っていた30数年前とは様変わりである。今でも駅前の道路工事が進んでいた。前回の伏見でも明治に変わる伏見の戦いがあり、今回も鳥羽の戦いから幕府軍…

続きを読む

地震から始まった熊野古道 2日目

<3月14日> 午前2時頃、ドンーときた後間を置かずドドドーンときた大きな地震があった。泊まっている民宿は低い防波堤のすぐ側にあり、一番心配するのは津波。テレビを付けチャンネルをNHKに合わす。震源地は愛媛県伊予灘で、津波は発生しないと判断でき安心する。朝の海は太陽の光もあり風も弱く、楽しく歩ける雰囲気である。 斑鳩王子を訪ね、国道42号線沿いにあるコンビニで朝のコーヒーを飲む。 …

続きを読む

伏見散策 三栖閘門資料館

NPOで1年間活動を一緒にして、その後植物の観察歩きを初めて8年になる。60歳を超えた方がたくさんいらっしゃり、その後8年も過ぎたのだから、歩くのが辛くなる人も多くなる。 今年は熊野古道は別にして、歩く距離を少なくし、食べることに特化することで参加人員が多くなるのではと新しいチャレンジを始めた。テーマも淀川に絞り込んでみようと思って、第1回目は伏見の三栖資料館と酒蔵の食事を選んでみた。歩く…

続きを読む

鳳と和歌山の熊野古道2王子

朝はJR鳳駅近くにある王子跡に出かけ映画を見て帰るつもりでいた。ところがお日様が出てきて風も強くなかったので、自転車で鳳の王子に出かけて長居公園の走りに変えようか。それから、膝の調子がおかしいので、ランニングは1日ずらそうかと思ったりして、それではバイクで3王子を回ろうか、ともコロコロと気持ちは変わった。 で結論は、和歌山の2王子は2時間あれば回れるので電車で出かけることにした。12時も回…

続きを読む

西国三十三所満願 33番谷汲山華厳寺

<7月23日> 辺りが白む頃に目が覚めた。テレビの天気予報では明日、明後日は曇りに傘マークが付いている。今日は天気が良さそうだったので電車、バスの時刻を調べてみた。今からでも間に合いそうなので三十三所の最後になる谷汲山華厳寺に出かけることにする。立派な仁王門である。 JRの朝のダイヤは米原まで行く新快速は少ない。大阪8時21分発長浜行きの時間に合わせ、往きは樽見鉄道で帰りは元近鉄の養老線…

続きを読む

福知山線ー山陰線で発駅大阪へ

ジパング倶楽部割引きで、大阪駅から福知山線で福知山駅、福知山駅から山陰線で発駅大阪駅に戻ってくる切符を買ってきた。チケット代3010円と聞いて、思わず高いと言ってしまった。 通常往きの福知山線経由の大阪駅ー福知山駅、復りの山陰線経由福知山駅ー大阪駅を別々で購入すると、1890円と2210円の計で4100円になる。3割引きにすると2870円で2000円台に収まる。往復切符ではないので距離20…

続きを読む

くろんど池散策

東北の被災ニュースが続いている。しかし自分が何もできないことに辛さを覚える。今日は観察の例会だが、事前に欠席の連絡を受けていたので誰も集まらないと思っていた。でも3人が集まってくれた。口を開けば震災の話になる。 家にいても暖房を入れてテレビを見て涙を流し、政府の対応に憤りを覚えるだけ。しかし、「生活品の買いだめをしない」「節電する」「支障ないお金の寄付」と、年寄りが手伝えることは限られてい…

続きを読む

伏見稲荷ー東福寺ー伏見桃山酒蔵

NOPで知り合ったみちくさの会、伏見稲荷の境内を散策したあと伏見桃山の酒蔵を回った。平日なのに伏見稲荷も伏見桃山の町は人に溢れていた。 伏見稲荷本殿でいつもは終わるのに、時間が有り余りなので上の社一ノ峰の稲荷山頂上をめぐる山歩きをした。万歩計を持っている人のデータでは1万数千歩になっていて、神社なのだが山の深い境内なのだ。 スタートの四ツ辻に戻り東福寺方面へ下る。下り坂を歩いてみて、…

続きを読む

甘樫丘東麓遺跡 現地説明会

19日朝日新聞の朝刊に「入鹿邸 城柵で要塞化?」と掲載され、甘樫丘東麓遺跡で現地説明会があると報じていた。本来はこんな趣味は持っていなかったが、通信教育を受けている影響が大きい。 天気も良かったので、BROMPTONの折りたたみ自転車を担いで飛鳥に出かけた。頑丈過ぎて少々重いのが欠点で、久しぶりに使用する。京都以外で使うのは初めてである。 スクーリングで一度歩いた山田道、今回は橿原神…

続きを読む

福知山線廃線跡生瀬ー武田尾

月一回の「みちくさ」の例会で、生瀬ー武田尾の廃線跡を歩いた。大昔、40年近く前に道場駅近くの不動岩に、岩登りのトレーニングで通い詰めていた福知山線である。 電化、複線化で新ルートに変わったのは23年前で、私がまだ東京にいる時で大阪に戻ってくるまでは知らなかった。今回昔通った廃線跡コースを地図でたどってみた。そういえば、武庫川に沿って列車が走っていたことを少しづつ思い出してくる。道場の岩登り…

続きを読む

山科から三井寺へ

「みちくさ」の例会、山科から三井寺まで、疏水に沿いながら小関越の道をたどって三井寺まで歩いた。風もなく暖かく天候に恵まれたのか、14名が集まり木々の紅葉を楽しんだ。 山科の駅から三井寺までは約5km。疏水に沿った大きなもみじの木は紅葉まっ盛り。やがて疏水がトンネルに中に入る。普門寺で西大津バイバスの高架をくぐり細い坂道に入る。風もなく暖かいのだが日陰を歩くと肌寒く感じる。 坂道を登りつめ…

続きを読む

街道てくてく旅 34日目 GPSウオーク

昨日13日が原田早穂さんの「街道てくてく 山陽道」の最終日で、彼女の名前「早穂」が佐保の地名に由来して、万葉集でも読まれていると話していたのに興味を持ってしまった。 丁度書道の先生から、かな文字の練習で「高野切古今集[第二種]」を手本に稽古を始めなさいと言われいた。その中にも業平朝臣や藤原関雄、詠み人知らずの句に「さほやま」があったので、彼女の言葉が耳に残っていたコースを探してみた。 …

続きを読む

緑の相談コーナー

長居公園の植物園、花と緑と自然の情報センターに出かけた。 自宅の桜、梅雨前から早々と葉が枯れ落ちはじめ、強い風が吹いていた7月の終わり、最初につけていた葉がほとんど枯れ落ちた。今は新しい小さな葉をつけ始めたが、密生していないので空の広がりがすっきりと見える。西に向く窓は、今まで繁る葉で西日をさえぎっていたのに、光りが差し込み夏場の暑さをそのまま感じてしまう。 秋でもないのに葉が枯れ落…

続きを読む

友ケ島散策

NPOで知り合った仲間と友ヶ島を散策し、加太休暇村で1泊してきた。 昔、40年前は海水浴やキャンプで賑わっていた友ヶ島、仲間の中には何度も訪れている者もいて、関西の中ではメッカの一つだった。今はキャンプをする人は少なく、島に残る軍事要塞として使われていたレンガ造りの砲台跡や兵器庫後の観光が主になっているらし。 私の40年前は、夜に関西汽船に乗って朝に着く小豆島がキャンプ地だった。短い休み…

続きを読む

蝉の目覚ましタイマーはまだ鳴らない

昨年は蝉の鳴き声で目が覚めたのに、今年は蝉はまだ鳴かない。 今年も蝉の抜け殻が、桜の木に付いている。しかし、朝に鳴く蝉の声は、まだ目覚ましにはなっていない。200m程離れた神社でも、耳をつんざくような蝉の声にはなっていない。ところが、元気な小学生の女子集団、蝉ハンターは活動を始めている。昨年とは違って、葉っぱが枯れみすぼらしくなった桜の木にも集まってきて、何匹かを持ち帰った。 桜の木…

続きを読む

天野街道

日本最古のダム式ため池、狭山池(改修後2001年に狭山池ダム)を経由して、女人高野天野山金剛寺まで歩く。 NPOで知り合った仲間で歩く例会。今回は狭山池、狭山博物館を経由して金剛寺までを、平安時代からの参詣道である陶器山の尾根、天野街道を歩く。 狭山博物館は安藤忠雄建築研究所の作品で、狭山池時代の堤なども展示されている。今日のコースとしては博物館も目玉の一つなのだが、やむを得ずパスするこ…

続きを読む

桜の葉が落ちる

秋でもないのに桜の葉が枯れ落ちる。 梅雨時の頃になると、地面に落ちた毛虫の糞が雨で膨らみ、地面一杯に広がっているのだが、今年は毛虫がいない。その代わり、秋でもないのに枯れ葉の落ちる量が多い。木を見上げてみると、いつもは虫食いにあいながらも青々とした葉が繁っているのに、枯れ始めた葉が異常に多い。枯れる原因をWEBで調べてみるが答えが出てこない。 去年の11月に水道管引き込みの水漏れを直…

続きを読む

京都府立植物園の紅葉

NPOで知り合った仲間と今月は京都の植物園を散策。 同じ仲間で植物園内で説明員としてボランティア活動をされている女性が案内役だが、仲間意識が災いしてか少し脱線気味。 午前中は小雨が降り太陽も雲に覆われ、2時間ほどの散策で身体は冷たくなりブルブルと震え出す始末。 予定された散策後は一目散で休憩所に飛び込む。お昼の食事は京都駅の地下街で購入した京樽のちらし寿司に、身体を温めるために温かいう…

続きを読む

葛城山系のシャガ取り

葛城山にシャガ取りに出かけた。 昼前に出かけたので当麻支所近くの食堂で昼ご飯を食べる。役所やJRAのおなじみさんが多いのか、店主とお客との会話がはずんでいる。おなじみさんにはコーヒーが出るが一見さんの私にはなかった。 話の内容は、今週から始まっている大相撲九州場所のトトカルチョだ。コピーではなく印刷物で配布されているようで大がかりに見える。内容は、持ち点を選んだ関取りに振り分け、勝ち星X…

続きを読む

西大寺史跡歩き

昨日NPOで知り合った仲間と西大寺周辺の史跡を巡って来た。 雨が降っていた下見と、快晴の秋空の下で見る風景は少しだけ違っていた。 一つは、住宅地の中を抜けて秋篠寺の南門を入った時の印象だ。昨日は快晴で、太陽の光が木々の間から差し込み秋篠寺境内は意外と明るく、門の内側と外側は同じようで心象の変化はあまり感じなかった。 ところが下見では、雨空でも明るかった風景が、門の中に入ると覆いかぶさる…

続きを読む

藤井寺史跡めぐり

踵が痛くて山歩きのリハビリと、みちくさの下見を兼ねて藤井寺に出かける。 藤井寺は元近鉄のグラウンド藤井寺球場があった。今は学校建設で工事中である。大昔、模型エンジン飛行機の飛行コンテストがあり応援に出かけたことも思い出す。 昨日国土地理院の地図で決めていたコースをたどる。太陽が出ているが爽やかで気持ちが良い。日曜日なので駅前のお店には人があふれるが、住宅街を通る道には地元の人の行き来…

続きを読む

夏を前に丸裸の街路樹

9月に入って家の桜の木から枯れ葉が落ち始めた。 これから12月の中頃まで、朝の枯れ葉掃除が毎日続く。風の強いときは遠くまで散らばるので大変である。 昨日母親に付き添って郵便局に出かけた。市営交通が無料になるパスの更新で、ナンバ松竹座の観劇に出かけなくなった一年ほどは一度も乗車していない。しかし、まだ乗れるかもしれないという夢はまだ持っているようだ。 郵便局へは運動を兼ねて歩いて出かける…

続きを読む

別府鉄輪温泉

九州山歩きの最終は、黒嶽荘のご主人にJR天神山駅に送っていただき、ここから湯布院に出た。 ここで、母親の面倒を見るために九州に戻っていた友人と会う。母親が湯布院の厚生年金病院に入院していたので、中津の実家から車で通っていたらしい。病院への曲がり角に宇奈岐日女神社があり、今回の山歩きで初めて神頼みをした。 神社から出てくると、向かいの店の2軒のママが、お茶を飲んでいかないかと誘ってくる…

続きを読む

ワラビ取り

山菜取り名人からワラビ取りのお誘いがあり、朝早く宇治に出かける。 名人夫妻に客人2人の総勢4人、現地に近ずくと車中から山菜取りの人たちが目につく。名人の秘密の場所はまだ奥にある。 目的地に着き早速ワラビ取りが始まる。 しかし、目につく場所では、形の良いワラビは既に収穫されていて、下げてきた袋がいつまでも膨らんでこない。 素人の私は、行動半径は広がるのだが見つけられなかった。日…

続きを読む

西宮10日えびす

6時の西宮えびす開門神事に出かける。 お参りすれば、今年もいい年になりそうな気がする。 神頼み みんなお任せ えびすさん

続きを読む

落ち葉掃除

桜の木から散り落ちる葉が自宅前の公道に吹き溜まる。 今年は寒暖の差があったためか、きれいな色に染まって散っている。 この半月程は公道に散る落ち葉掃除を休むことが出来ない。ご商売をされている家の前まで落ち葉が溜まってしまう。それでも今年は、強い風が吹く日が少なく、ずいぶんと掃除が楽に思える。 一昨年までは、まだ元気だった母の日課になっていたが、去年から私の日課になっている。 何年か…

続きを読む