FaceBookにコメントしたら返事が返ってきた!!

スキーの雑誌は数年前まで2誌あり、その1誌「スキージャーナル」を数年間購読していた。その雑誌にDVDの付録が付いていて、雑誌の解説とDVDの映像は、インストラクターから見捨てられた自分にとって唯一スキー技術を学べるものだった。最初の頃は全く理解できなかった内容が、修行のようにゲレンデに通っていると、できる出来ないは別にしてその意味だけは理解できるようになってきた。そんな中、頭では理解していてもゲ…

続きを読む

安比高原スキー(6/6)

今日1日は天気は持ちそうな雰囲気の朝。しかし、午前中だけの短い時間のスキーでも、想定外の疲れで体力が持たない。なぜ何だろうと考えてみると、コロナの影響で2月中頃からジムトレーニングできなかったことで、このことが大きく影響しているのかもしれない。 ペンションの朝食は8時から始まるが、その朝食を抜いて安比高原駅まで送ってもらい8時38分発の電車で安比を後にする。ローカル線を乗り継いで八戸駅…

続きを読む

安比高原スキー(5/6)

今日の朝食の時間に明日の予定をママに話した。まず午前中滑る予定だったスキーを止めたことと、12時台の電車に乗るので送るのをお願いした。チェックアウト後一旦ペンションを出て、喫茶店があればそこで時間を過ごすつもりでいた。ところがママの話では喫茶店はないよと言われ、いっそ8時台の電車に乗ったらと提案された。本当はその電車に乗りたかったのだが、ペンションの食事時間に当たり遠慮していただけのことなので、…

続きを読む

安比高原スキー(4/6)

脚の筋肉痛があったのでスクールでリハビリをする。5クラスあるうちの真ん中の3クラスを選んだのだが、4クラスで受けることになってしまった。色々指摘されたが直らないまま、リハビリの時間が過ぎてしまう。一番困ったのは後傾で、滑走中に意識はできることはあるが、自分で全く意識ができていない状態でも後傾と指摘される。椅子に座るイメージだと表現されされるのだが、回旋ができない大きな問題とは意識している。 昨…

続きを読む

安比高原スキー(3/6)

朝、部屋の窓から覗くと、太陽の光が木々と屋根を照らし始めている。太陽の光は屋根に積もった夜の雪を、すぐに溶かし始めた。 朝の食事でペンションのママは、今日は早く出ていきなさいと尻をたたく。何とか準備のスピードアップを図り、9時半から滑り始める。今日のゲレンデも技術がレベルアップしたように感じさせる。いろいろな斜面で反復練習を繰り返すが。急斜面ではどうしても思い通りには滑らせてはくれない。 …

続きを読む

安比高原スキー(2/6)

朝は太陽が顔を出していて快晴を予感されたが、突然雲出てきて雪が降りだし強い風も吹き出すと吹雪になってしまった。ところがしばらくすると風が止み太陽が顔出すという、朝からころころと天候が変わる。ということで、出発を昨日と同じ10時30分にする。 その時間になりペンション出るときは雪が降っていた。ところがスキー場に着くとその雪が降っていなくて、青い空がのぞいている。車でほんの2、3分の違いなのに不思…

続きを読む

安比高原スキー(1/6)

東京からの夜行バスで盛岡に到着。7時開店のDOUTORで朝食を食べ、7時40分発の安比高原行きのバスに乗車する。いつもは雪景色が車窓に広がるが、今年はその雪が見当たらない。盛岡に着く前からだろうか雨が降り続いている。 スキー場に着いてもまだ雨が降り続いていて、今日は滑るのを止めるつもりになったが、その雨が小やみになり重たい雪に変わってきた。ようやく滑る気になってきて、宿の迎いを頼み10時3…

続きを読む

安比高原スキーの荷造り

一昨日、昨日と2日連続でランニングをしたせいか、脚に疲れがたまっていることが分かる。今日も走るつもりでいたが中止にして、安比高原スキーとその後3日間、三陸鉄道のリアス線を乗って帰るための荷造りに専念する。一応荷物はまとめているので、袋に詰め込んでザックにスムーズに収められた。今回安比高原では夕食無しで宿泊するので、外食ができないときに備えて3日分の食料も持参する。ポットがあればIHヒーターはいら…

続きを読む

ツアーブーツで野沢温泉スキー3/3

<3月17日> 最終日の今日は青い空が拡がり絶好のコンディション、「掃除は明日するから」と荷物を部屋に残してシャトルバスに乗る。ゴンドラで一気に上昇し、上ノ平・パラダイスゲレンデで足慣らしをしてやまびこコースを滑る。天気はいいし、雪はフワフワで真っすぐ落ちることを心掛けて楽しむ。しかーし、なかなか思い通りには滑らせてくれない。エッジが外せないのでショートターンの対応が遅れて上手くいかない。スピ…

続きを読む

ツアーブーツで野沢温泉スキー2/3

昨晩から降り始めた雪が一日中降り続いた1日で、出足は遅れたが十分に堪能でき楽しい1日だった。TOPにあるやまびこリフトが強風で停止、ゴンドラも時々停止する荒れた天候で視界も悪かったが、パラダイスゲレンデと日陰ゴンドラをフルに利用して滑り続けた。 痛めていた膝に痛みはなくなったものの、これだけ滑っていると流石に疲れで違和感も出てくる。いったん下まで降りてゴンドラで戻ってくると、あまり人が入ら…

続きを読む

ツアーブーツで野沢温泉スキー1/3

ツアーブーツの1足の重さが1.8kgで各社のラインナップの中では重い方だが、手持ちのアルペンブーツに比べると1㎏ほど軽くなる。このブーツで変わりなくゲレンデを滑ることができのか? が今回のテーマである。板は少しでも軽いものとHeadのモデルタイプi.GSRを持参したが、元々華麗に滑れる技術には到達していないのできっちりと判断できるかは疑問符が付く。 2月に来た時とは風景が変わっていて、下の…

続きを読む

ツアー・ブーツ購入

先日のワイン会に出席する時に、久しぶりに梅田に出て買い物をした。梅田LINKSの石井スポーツのスキー売り場を覗くと、購入アイテムの候補に挙げていたDalbelloのツアー・ブーツLUPOが陳列してあった。フレックスは90と柔らかいが、REGZAMのアルペン・ブーツが95なのでOKかなと思い履かしてもらった。LAST100の25.5㎝サイズでピッタリと両足が収まった。グリップ・ソールで現在手持のス…

続きを読む

リンクス梅田の石井スポーツ

昨年の11月、ヨドバシ梅田タワーが完成し商業施設<リンクス梅田>も営業を始めた。今年一度お店を見て回ったが、メーカーの店もたくさん出店していてどこまでが石井スポーツなのかよく分からなかった。 2月にコンサートに行く機会があり「そういえば、第2ビルに石井(旧IBS)の店があったな・・・」と寄ってみると、そっくり<ロッジ>の山の店に変わっていた。第4ビルにあった小さなビルから移転したのかもしれ…

続きを読む

3月、安比高原から三陸リアス線へ

現在、スキーの最終は安比高原である。2月の最初から毎年泊まっているペンションの情報はチェックしている。ところが、野沢温泉で膝を負傷しているので、3月の後半予定でもスキーの可否が分からない。 しかし、膝の故障も回復の見込みがありそうに思えた頃、安比高原のペンションの情報が「残室1室」になった。連泊をするのでその期間に満室が出ると予約が不可になる。電話を入れてもWebからと言われているので、見…

続きを読む

11月発刊の雑誌<WHITE MOUNTAIN>の増刊

野沢温泉で膝を痛め、外出しないで1週間静養していた。その間に自宅にあるスキー雑誌を読み返しながら、深読みをしていなかったことを感じさせられた。 元々山スキーをもう一度やりたいと思いからゲレンデスキーの修行が始まっていて、その修行は苦行と言った方が適切かもしれない。今の滑りで卒業というところまでには至っていないが、足裏の荷重や重心の位置を意識できるようになり、<どのような斜面でも、安全に、華…

続きを読む

ハチ北常宿から宿泊金補助の知らせ

今年は暖冬で積雪が少なく、近畿圏ではオープンできないスキー場も多数ある。スキー関連を生業とするところでは、経営の危機に瀕しているようだ。 兵庫県ではこの暖冬を<災害レベル>として、各スキー場の宿泊を生業とする業者には宿泊者を増やす施策として補助金を出すようになった、とハチ北スキー場の常宿の宿から手紙が届いた。 しかし、この施策が宿泊業者にとっての救済策になるのか? と首を傾けてしまう。ス…

続きを読む

卓上IHヒーター注文

購入するIHヒーターは自宅で使うものではない。5年間ニセコに通っていた時、一人で気兼ねなく泊まれるのがヒルトンとノーザンリゾート・アンヌプリだった。宿泊料が高いだけでなく食事が高くて、考えたのが小型のIHヒータでの自炊である。しかし対応したのは入山をオンシーズンに早め、全山リフトパスで乗車できるシャトルバスを利用して倶知安市内に出るようにした。倶知安駅前には食事のお店もあり、地元スーパーでも新鮮…

続きを読む

右膝の痛みが落ち着く

野沢温泉のスキーから帰り、2日間は完全静養しサポータと湿布で外出せずに過ごした。通常の動きの中で激痛みを伴うことはなくなってきたが、「ウッ」とくる痛みに似た違和感は残っていて、ジムトレはもちろんランニングも自重している。 今週末からコンサートの予定が入っていて、バランスが崩れ左脚にも違和感があるので今週はトレーニングをこのまま自重する。問題は3月の春スキーで、外出できないので雑誌や本を読み…

続きを読む

野沢温泉のスキー3日間

<2月11日ー13日> いつも車でしか出かけられない高校時代の友人と、野沢温泉に2泊のスキーに出かけた。単独行では味わえない凸凹コンビの二人の3日間だった。大阪6時30分発のサンダーバード1号に乗車し友人は京都から乗車してきたが、トラブルはすでに始まっていた。 <トラブル> 1)友人は初めてジパング倶楽部に入会し2割引きの乗車券、特急券を購入して大事に持っていた。ところが京都駅で近鉄電…

続きを読む

スキー明けのジムトレ

<2月7日> 壊れそうだった左膝は滑り続けた3日間だったが維持できたし、それが適度な運動になったのか階段登りに痛みも出ず少しだけ回復していた。これは荷重が板に垂直にかかり無理をしていないのだと思う。スキー明けの1週間ぶりのジムトレも気分転換になり、気持ちも高揚したのだが・・・。 脚の運動は軽く済ましたつもりだったが、回復途上の左膝には負担になったようでまた腫れが出てきた。膝の屈伸に痛みは…

続きを読む

楽しい めいほうスキーの3日間

<2月1日夜ー2月5日夜> 色々と楽しいスキーの3日間だった。シャトルバスの時間で滑り始めは10時を回るが、ゲレンデコンデションと苦行のおかげで3日間をフルに楽しむことができた。2日目は疲れで強烈な眠気に襲われる。昨晩帰阪しているので総括的なことを書き留めておく。 1)仕事をされている方との会話だが、1・2日目の宿「たかお」の料理人と2日目のシャトルバスの運転手(イトウダイスケ)さん。お…

続きを読む

めいほうスキー場 1日目

多分初めてと思われるツアーでの夜行バス、4列シートのトイレなしの観光バスで途中SAで2度の休憩があり、トイレに問題のあるか老人にはかえって良かったかも。ただバスに乗るのは若者のグループやアベックで、そんな中に混じるのは少し気が引ける。少しは眠れたようで眠気はなく体調よさそう。 めいほうのゲレンデは朝から何台もの降雪機が威勢よく雪らしきものを噴き出している。ロッカーは連日使用が可能で…

続きを読む

防水の短靴を購入

小樽では洞筒の長い防寒の靴を履いていたが、スキー場の小さなロッカーには洞筒が長くて入らない。日帰りスキーではロッカー代を抑えるのも経費節減になる。それに北海道でも暖かくて防寒の履物は必要なかった。 今日の夜行バスでめいほうスキー場に出かけるので、KEENの防水短靴を梅田のモンベルの帰りに買ってきた。普段使いの靴として使えそうなのでこれから重宝するかもしれない。取りあえず油は塗り込んでおいた…

続きを読む

ハチ北スキー場に15㎝の雪が!!

昨日から降っているようで、積雪が15㎝になりましたとFaceBookに掲載されていた。この状態が続けばパノラマゲレンもオープンできるかも、 となっているが本当かな? シーズン券がチャラになるためには最低10回はスキー場に通う必要がある。そうなればいいのだが・・・。 今日ジムに出かけた。公園の周回道路を走ると、この冬の最初の頃に感じた肌寒さを覚える。ジム内の会話が耳に入ってくるが、申し合わせ…

続きを読む

雪落としのブラシ

北海道の日帰りスキーで<あればいいのに>と思うことを思い出した。それは靴や板についた雪落としのブラシである。スキーを滑り終えた後収納袋に収めるためにタオルで雪や水滴を拭き取るが、どうしても奥に詰まった雪が拭き取れず残ってしまう。それが帰る途中に融けて収納袋を濡らしてしまう。 購入したブラシの長さは短いが、硬さがあるので使えるかなと思い通販で購入した。注文した後に気付いたのは100円ショップ…

続きを読む

予定変更で帰阪

<1月23日> 手稲山のスキー場でスキー板を送り返したので、17時50分の飛行機を12時25分に変更し北海道を後にすることにした。帽子なし手袋なしで過ごせる暖かい北海道で、ゲレンデもブッシュが所々見える程に雪は少なかった。 久しぶりに飛行機を利用したが、伊丹も千歳も様子が変わっていて手間取ることもあった。特に千歳の手荷物預けで無人の機械を利用したが、高さ制限があり縦置きでは認識せず横置き…

続きを読む

手稲山スキー

JRの手稲山駅から20分ほどでスキー場に到着する。9時15分発のバスに乗車する方が、ボードや板を持って15人ほどすでに並んでいた。浅利温泉とは違ってバスを乗る前からスキーに行くという雰囲気である。 スキー場の駐車場について驚いてしまった。朝里川温泉のレベルではない観光バスが何十台と並んでいる。聖火台、オリンピア、ハイランドの3つ駐車場にそれぞれ並んでいるのだから驚かされる。それは学校授業や…

続きを読む

昨晩から待望の雪が

スキー板を担いで朝里川温泉スキーへ。昨晩からの雪が降り続いていて、小樽市内でも10㎝程の積雪になっている。バスからの景色でゲレンデの状態が楽しみになってくる。 バス停から歩いてセンターにたどり着くと、学校のスキー授業生でゲレンデが満員になっている。どうも一校だけではない、小学校、中学校、高校生と色々な学校授業が行われていてちょっと心配になる。ところが地元の人が下りてきて、長い列に並ばず隣の…

続きを読む

雲で羊蹄山が見えない

朝、羊蹄山が見えるかと表に出てみるが、小雪が降り雲で何も見えなかった。例年になく積雪が少なく羊蹄山の下部はブッシュが出ていて、昨日は奥さんは転倒ばかりだったそうだ。今日は休養にあて、明日はルスツに行かれるそうだ。家には除雪用のショベルカーもお持ちでした。 私も10時過ぎのバスで小樽に戻り、明日明後日のキロロのバスの予約を始めたがほぼ満席で、22日は何とか往きと帰りが組めそうなので予約を始め…

続きを読む

羊蹄山麓のお家

<1月19日> 新春の初滑りを昨日楽しみ、今日は体の筋肉痛も出ず一応体調も良い。昨日羊蹄山の麓の別荘に17日から入った知り合いに、訪問する時間帯が都合がよいかどうかの確認でメールした。それが、当日の18日と勘違いされて来ない待ち人を駅で待たせてしまった。 別荘に行くかどうかを迷っていたのだが、こういうことがあると決断せざるを得なくなってしまう。待ち合わせはニセコ駅でバスで行くつもりでいた…

続きを読む