大阪府の新設「大阪コロナ重症センター」の今

昨年末に30床の第1期工事が終了した「大阪コロナ重症センター」は医療従事者の不足で稼働できず、自衛隊をはじめ他地域の派遣応援を受けて稼働をようやく始めた。しかし一旦終息の兆しがあったため、その派遣応援者は今はいない。この春完成予定だった追加30床の第2期工事は、医療従事者の見込みが立たないためか工事は中断されている。 しかし、現在2度目の非常事態宣言解除後の変異株の急拡大で、前回の非常事態宣言…

続きを読む