珈琲豆購入で梅田へ

いつも地下鉄駅の駐輪場に三輪車を預けて街に向かっている。駐輪場ではシールを貼られるのだが、ハンドルに巻き付けられたそのシールが色褪せている。それもそのはず1か月前のシールで、街に出るのも1ヵ月ぶりである。ついでにTower Recordsによって「ぶらあぼ」の8月号の冊子を貰ってきた。「薄―!!」手に持つとその薄さが即座にわかる。公演案内のページがCovid-19 感染で極端に減っている。近畿圏の案内は「中止」の公演欄もなくなり2ページと半ページにも満たず、東京圏以外の地区は全滅に近い。ホールの生音が聞けないのは寂しいが、家ではBBC放送のクラシックが一日中流れているので音楽は耳にしている。

新地を横切って本屋にも寄ってみた。今までランチをやっていなかったお店がランチをやっていた。昼時なので普段なら間違いなくその店で食事を摂っていたはずだ。他のお店も営業をしているが、お客が入っていないお店が見受けられた。ビジネス街でこんな状況なので、どの店も大変な経営をしていると思わせる。一応隣り合わせにならないとか、向かい合わせにならないとか工夫をされているようだが、地下鉄は少し違っていて、席が空いていると座ってくるのでいつも定員が座っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント