NC700X 2度目に走ってみて

先日納車日に続き、NC700Xに乗って走ってみた。気付いたことをメモしておく。走っていて怖いと思ったのは、r63の根来街道のトンネルでだった。軽4輪と2車でトンネルに入り対向車の走行も少なく、トンネル内が異常に暗く感じた。星も出ない山中の暗闇で、自分の足下さえ見えない状態に似ている。真っ暗なトンネル内でバイクの走行状態がイメージできなくなり、平衡感覚を失いそうになった。その上トンネル内にカーブもあり怖かったです。ヘルメットのフードが関係していたのかな?その後のトンネルではそんな感覚には襲われていないのですが、とにかくバイク走行は想定外がないように最善の予測と注意が必要だ。

気付いたこと!
◇マップケース: 購入した吸盤式のマップケースはB5版の地図が収まるタイプです。A4版の分厚い地図は自宅ではケースに入ったのですが、ツーリング中にはその地図を引き出すこともできず、結局必要な地図が見られずに無駄になりました。そこで上部の地図で必要でない2.5cm切り落とした。少しは入りやすくなった。
画像

◇バイクシューズ: バイクを購入した店で一般シューズとバイクシューズの違いを聞くと、1)防水 2)踵 3)クラッチレバーの当たる部分の補強 とのことだったので、先日の走行はゴアテックスの山靴で走ってみた。走行に何の問題もなく歩き用のシューズなので、長距離を歩く場合はかえって重宝する。

◇バイクパンツ: 膝プロテクターが入るデニムのパンツは見栄えはあまり良くない。山用にも防風、防水で軽いパンツがあるので代用したいと思う。膝のプロテクターはパンツの上からマジックテープで固定するタイプを使用するば良い。

◇ヘルメット: 現在のジェットヘルメットは、100km近くのスピードで走行するとすきま風が入ってくる。雨も多分内部に侵入すると思われ、メガネが見にくくなる恐れがある。新しいヘルメットも買う時は、二つのヘルメットを天気に応じて使い分ければ良い。

◇ハンドル長: ハンドルが長く感じるので、もう少し短い方が僕には合っていそう。しかし今のところ手は付けられない。サービスマニュアルを一度見てみたい。

◇後輪ブレーキ: 後輪ブレーキがあまり効いていないように感じる。後輪ブレーキで前輪ブレーキが連動しABSも効くのだが、前輪ブレーキだけが効いているような感じがする。時々ABSが効いているような感覚を受けることもあるが、はたしてどうなのか?

◇乗り心地:スタート時にエンストを3度ほど経験したが、巷で言われているように乗りやすいバイクである。今後は市街地を離れ、峠を超える道を走っていきたい。

◇スピード感覚: 免許取得後1年間は、3点の違反行為にペナルティがある。走るのが楽しいからスピード違反が一番問題になるかもしれない。

以上感じたこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック