西国巡礼12番 岩間寺・13番 石山寺

天気良好の日曜日、妹からATの単車を借りる予定だったが、部品交換のため延期となった。事前予約が必要なレンタル単車も、一度も利用していないので当日予約は止めた。さてと悩んだあげく、西国三十三所巡礼の12番、13番の岩間寺と石山寺に出かけることにした。岩間寺は交通の不便な場所にあるので、入山料を払い11番札所醍醐寺経由で山越えをすることにした。
画像

地下鉄醍醐駅から歩き始めたのはお昼前の11時30分、山の上には灰色の雲がかかり、太陽の光を遮り怪しい天候が予想されたが、JR石山駅まで雨には遭わず、夏の日差しもあまり受けずに歩き通すことができた。

上醍醐までは少しピッチを上げて歩くが、久しぶりの山歩きなのでちょっと脚にきてしまった。ここまでくれば後は下りと安易に考えていたら、西笠取からの上りと東笠取からの上りで少々バテてしまった。結構な道のりである。西笠取からの上りは、「NPO岩間古道」の札が道標となったが、東笠取清瀧宮から平出に出る道を通り過ぎ、782号を大きく迂回してしまった。
画像

東笠取から奥宮神社に向け上り始める。オフロードの単車のエンジン音がよく聞こえてくる。奥宮に向かう道もアスファルトから地道になり、単車だけでなく自転車でも楽しそうな道である。しかし、傾斜は結構きつく感じる。後ろから単車に追いかけられるようなエンジン音を聞きながら歩を早めると、上の奥宮神社からのエンジン音だった。奥宮にお参りをし、展望台で眼下の風景を楽しむ。瀬田ゴルフ場の奥に三上山(近江富士)が、その右端に以前「みちくさ」で歩いた鶏冠山が見える。左に音羽山、真下に石山寺がある伽藍山と、これから歩く町並みが一望できる。

奥宮から頂上に続く尾根道を外れ、岩間山の裾を大回りして岩間山正法寺に到着する。今日最初の朱印を頂き、奥宮に戻る元気がなく、NTT専用道を石山に下山を始める。日は当たらず、涼しい下山路である。
画像

瀬田川沿いの石山寺に着いたのは16時20分、本堂が16時30分まででギリギリで朱印を頂く。夏場は17時と開山時間を延長する所が多いのだが、僕の後に走り込んでくる朱印貰いの方がいらっしゃった。この方達は次の予定変更を余儀なくされるのだろう。

瀬田川沿いの道路は単車がよく通っている。とても楽しそうに見えるのだが、スピードも出していないのでキット楽しいのだろう。石山の駅前で昼得の切符を購入して、お腹は減っていたがこのまま大阪まで出ることにした。トイレで上だけを着替えてスッキリした気分? のつもりで新快速に乗る。自宅近くまで我慢したお陰で、おいしいビールをいただけた。銭湯の熱いお湯に体を沈め、疲れを取ったつもりで一日がようやく終わる。
<コースタイム>
地下鉄醍醐駅11:30→11:53女人堂→12:30醍醐水→12:40開山堂12:45→13:07西笠取法篋印塔13:07→13:51西笠取清瀧宮13:55→14:45奥宮神社14:50→16:00岩間山正法寺15:10→16:15石山寺16:45→17:20JR石山駅 [5時間50分、距離19.1km(3.3km/h)、累積標高1130m]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック