子供イベントと電動糸のこ盤

子供イベントでコマの遊びを考えていました。回すということを考えると、重心さえ見つけられればどんな形でも「回せる」と言うところからスタートして、重心を見つける方法を考えていました。
画像

別に難しいことではなく、天秤と同じように釣り合いが取れる位置を探せばいいことなのです。最初は画鋲の上で探そうとしたのですが、これがなかなか難しい。子供にとっても難しいはずである

そこで重心のポイントを探す点の範囲を広げるため、4.5mmのボルトを利用しました。平らな表面を広げ探しやすくしたのです。でもイベントでは使いませんでした。使わなくても担当者が多くのアイテムを考えていたのです。

私の重心を見るける方法も良い方法とは言えません。押しピンの尖った先端でも重心を見つける方法がきっとあるはずです。宿題になりました。

このときに私が考えていた重心を探す材料として、トランプのスペード、ハート、ダイヤ、クローバをシナベニヤで切り出しました。4年ほど前に購入した電動糸のこ盤で切り出したのですが、使うのが購入して初めてだったのです。簡単と思っていたのですが上手切れませんでした。

子供イベントのお手伝いも、今年の8月で終わりにします。おもちゃつくりに専念するのですが、長い月日が過ぎてようやくおもちゃつくりのスタートとなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック