久宝寺公園子供イベント

月一度の子供イベントに出かけた。曇り空だが風もなく暖かい気候で、子供達と楽しい2時間を過ごしてきた。松かさや木の実で動物などを作るのだが、立体物を作るより平面的な図案のほうが人気があった。

最初に参加してくれたのは小学4年生の女の子3人。自転車で大通りを走ってきたのを、両手を広げて無理に止め参加してもらった。この3人、13時から始まって15時の最後まで夢中で作っていた。本人たちは30分程と感じていたらしく、2時間も椅子に座っていたことにビックリしていた。

もう一組、私がお世話した4歳と7歳の女の子2人も、最初から最後まで飽きずに楽しんでくれた。最初は物怖じしていた4歳の子は、同じ年の見ず知らずの参加者と遊び始めた。こんなことは初めてで、主催者の私達が望んでいたことでもある。

表通りにテントを出してから半年になり、公園近くにお住まいの参加者が増え始めてきた。月に1度白いテントに子供たちが集まっている姿が、漸く認知されてきたようだ。
1年間子供の成長を見ながら一緒に遊ぶ、と言う4年前の振り出しに戻れそうになってきた。

最初の頃の失敗を糧に、年間プログラムや成長を見守る管理システムの構築が必要になってくる。
楽しくなってきそうである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック