イベント用 けん玉作り

3日前からけん玉の玉を新聞紙で作り始めた。
画像
小片の新聞紙を、発砲スチロールの球に水性ボンドを溶かした液で貼り付け、乾いて硬くなったところで、玉を二つにカットし、中の発砲スチロールを取りだす。
カットした玉の芯に新聞紙を丸めて入れ、再度新聞紙の小片を張り付けて8個の玉を作った。

けん玉はスポーツとして、日本けん玉協会が技の段位認定や競技大会なども開催され普及に努めている。
また、けん玉には地域や時勢に合った色々な形があり、コレクションで集められている方もいる。
一種のこけしのようで、装飾品としても楽しいものである。

今日はけん用に竹を用意し、見本にドラえもんの絵を描いてみた。
子供たちがどんな装飾を施すのか楽しみである。
遊ぶのに飽きておもちゃ箱に入れられるよりは、外の棚に置かれるようなものを期待するが。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

日本けん玉協会なんてのもあるよ
Excerpt: なかなかふりけんが出来ません。
Weblog: けん玉やろうぜ!
Tracked: 2009-09-17 15:31