たものびぼうろく

アクセスカウンタ

zoom RSS 「百年の秘密」ナイロン100℃

<<   作成日時 : 2018/05/04 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月3日兵庫芸術文化センターで観てきた。朝日新聞にケラリーノさんが、文庫本で1620円で販売されているので読んでから観るのもいいですよ・・・、的なことが書かれていたのでその文庫本を購入した。
画像

戯曲としてト書きや台詞を読んでも、その情景がスンナリと頭の中にイメージできるものではないので、結末が分かっていても知らないで観ているのと同じだった。しかし舞台の流れがすごく分かりやすかった。笑いが漏れる箇所でも笑わなくてもいいし、演技を集中してみることが出来る。場面場面でこんな演出なんだ・・・、と感心することも多々ある。内容は銀行家の娘ティルダが主人公で、金持ちから落ちぶれていくごく普通の家庭の4世代が織りなす日常の世界を描いている。そこに小学校時代に同級生で親友のコナと、兄の友人カレルとの間にある秘密が出来る。そのことが後の時代に大きな転換点を迎えることになる。舞台は屋内と屋外の庭園が同じ空間に設定されている。また映像が駆使されていて、大がかりな舞台のような雰囲気を醸し出す。面白かったのは芝居の最初に、出演者が一人ずつ字幕と映像で紹介されていたこと。映画のようで舞台では初めての経験。舞台は6場あるが、その時系列の並びがバラバラで、観ている側が時系列に並べ替える必要がある。戯曲を読ん舞台を観ると、舞台で初めてなるほどと納得できること多いので、面白くて頭の体操にもなる。

<100年の秘密>
◇作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
◇出演: 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「百年の秘密」ナイロン100℃ たものびぼうろく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる